春のヒロイィモノ - 土とタネ -


地面からポコンッと出てきたようなイメージの、丸いカプセルに入った土と、イィ色の花や実をつけるタネのセット。

何か新しいことを始めてみたくなる春。
でも何かきっかけが無いと始められないものです。
comadoで、その「新しいこと」のきっかけを拾っていただけたらと、土とタネをセットにしました。
この「土とタネ」と何か容器さえあれば、すぐに植物を育てることを始められます。
これをきっかけに春の新しい生活を楽しんでいただけたらと思います。

タネは5種類からお選びいただけます。

-

風船とうわた | Gomphocarpus physocarpus
白い小さな花が咲いたあとに、直径5〜8cmの風船のような実が点々とつきます。
主に切り花として楽しみますが、ドライフラワーにもなります。


カナリアナス | Solanum mammosum
別名フォックスフェイス(キツネの顔)と呼ばれる観賞用ナス。
草丈1〜1.5m、株元から数本の枝が伸び、葉の付け根に黄色の実をつけます。


ルリタマアザミ | Echinops ritro
夏に淡青色で球形のユニークな花が咲きます。寒さ暑さともに強く、殆どの地域で多年草になる丈夫な草花です。
水揚げがよく主に切り花として使われ、ドライフラワーとしても人気があります。


ラグラス | Lagurus ovatus
長卵形の花穂は絹のようにツヤがあり、ウサギの尻尾のようにやわらかい肌ざわりが楽しめます。
ドライフラワーにしたものを着色して楽しむなど、色々な利用方法があります。


ローマンカモミール | Chamaemelum nobile
ハーブとして親しまれている品種です。白い一重花が初夏のころから咲き始めます。
花だけでなく葉からも香ります。
pagetop